katsydoh of Y0KOHAMAPORTSIDE

L1000986.jpg

↑ Please click this photo.

ヨコハマポートサイド街づくり協議会とは
ヨコハマポートサイド街づくり協議会の活動

ヨコハマポートサイド街づくり協議会は、ヨコハマポートサイド地区の開発コンセプトである「アート&デザインの街づくり」を進めていくため、街づくりの基本的な価値観や課題を共通認識するために結ばれた『街づくり協定』に基づき、その街づくりを推進していくことを役割とし、街づくりのテーマや土地利用に関する基本方針から都市施設の整備、都市管理、地区セールスなどを共同で行い、間断なく、また質の高い街づくりを進めていくことを念頭に活動を行ってきました。



b_0601.jpg
間断のない活動を実現するため、当協議会では、月に一度程度は事務局会議を招集し、それぞれの課題について検討し、早期に具体的な活動に繋げられるよう努力してきました。
また、アート縁日等のイベント事業や、広報誌の編集についても、主体的な活動として事業に取り組むため、専門家の協力を仰ぎながらも、会員企業のそれぞれの担当者が「実際の製作現場」に積極的に参加するかたちを基本に事業を行ってきました。


IMG_0478.JPG

具体的な活動

1)都市基盤整備の推進:栄本町線、ギャラリーロード、ポートサイド公園、スカイウェイ等、地区内の歩道や公園のグレードアップ 2)地区セールス活動:「アート縁日」の開催 /広報誌「ギャラリーロード」の発行 /webサイトによる地区の情報発信 他 3)コミュニティ活性化のための活動:クリスマスパ=ティの実施 他 アート&デザイン活動の活性化に向けた活動:アート&デザイン事業コーディネーターの設置 調査研究活動:街づくりの管理・運営組織検討調査など 地区の美観維持活動:ギャラリーロード、ポートサイド公園、スカイウェイ等の清掃実施(月1回)  





L1010324.JPG横浜駅きた東口とヨコハマポートサイド地区を結ぶ橋がかけられました。
横浜駅とヨコハマポートサイド地区は、これで、ずいぶん近くなったと言われます。
ギャラリーロード上、ベイクォーター横浜からコンカード横浜を結ぶあたりに
新たに横断歩道も設置されました。

まだまだ都市基盤の整備という点においても、いくつかの重要な課題が残っていることは事実ですが
2011年度までには、大半の街区で建物が完成し「器としての街」は、その完成に近づいています。

アート&デザインの街づくりも、ひとつの段階を終え、
また次のステップへと歩みだす時期を迎えています。
パブリック・アートの設置や、建物などのデザインにスポットが当たっていた時代を終え
ヨコハマポートサイド地区に住み、働き、訪れるたくさんの人々の暮らしに
豊かなアートやデザインの薫る街にしていくこと…

これからが
ヨコハマポートサイド地区の「アート&デザインの街づくり」
本格始動といえるのかもしれません。


b_0309.jpgこれからは、さらに
この街に住む方、働く方、そして訪れる人
それぞれの生活者にとって、どんな街であるべきかという視点を
大切にしながら街づくりを進めていきたいと考えています。

生活者と「アート&デザインの街づくり」のよき接点を見出すこと。
本来、当街づくり協議会の役割はそんなところにあるのかもしれません。

今後とも「アート&デザインの街づくり」を進めていくため
これまで以上に積極的な活動を続けていきたいと考えています。